ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 八雲神社のなぎなた

八雲神社のなぎなた

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

なぎなたのしゃしん

 

長さ 82.4cm、反り 2.8cm

戦国時代の大肌交わり板目鍛えの薙刀です。

銘文は「濃州関住兼岡作」「文亀二年(1502)八月日造」とあり、室町時代の刀鍛冶 美濃兼岡二代の作とみられます。

収蔵の箱によれば、元禄16年(1703)6月、本二日町氏子同志80数名によって「奉再興牛頭天王御長刃」として寄進されたものです。

※通常非公開となっております。