ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 刀銘 晴雲斎源景國(かたなめい せいうんさいみなもとのかげくに)

刀銘 晴雲斎源景國(かたなめい せいうんさいみなもとのかげくに)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

かたなめい せいうんさいみなもとのかげくにのしゃしん

長さ 86.6cm
反り   0.8cm
江戸時代後期

鍛えは景国(かげくに)得意の柾鍛えで、刃文(はもん)は直刃で深く、ところどころ砂流し(すながし)になり見事な出来栄えです。

銘は表「新田家臣尾内修理十八代孫上野産晴雲斎尾内七郎源景國」、裏「慶応四戊辰年二月吉日於足利学校造之」とあります。

初代景國の作品は現存するものが少なく珍しく、足利学校で打たれたものであり、史料的にも貴重な刀です。

※通常非公開となっております。