ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

刀(薙刀直し)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

かたな なぎなたなおしのしゃしん

 

寸法  長さ  73.0cm
          反り  2.1cm
南北朝時代

全体的に幅が広くて丈夫にできています。

鍛えは、さびが浮いてわかりにくいですが板目肌といわれているものです。

刃文(はもん)は互(ぐ)の目というもので、波を打っているような模様がそれです。

これらの特徴から南北朝時代に造られたものと考えられます。

※通常非公開となっております。