ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 田中正造遺品(たなかしょうぞういひん)

田中正造遺品(たなかしょうぞういひん)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月12日更新

田中正造遺品

  田中正造遺品

 (1) 大矢立 1・唐金製  長さ 27.0  明治時代

 田中家伝来の品で、正造は護身を兼ね、筆記具として常用し、臨終のときも枕頭にあった。

 (2) 銅鉦 1、 銅製  直径 26.0  明治時代

 明治29年、田崎早雲より贈られたもので正造の愛用品。

 義人田中正造の遺品として貴重である。