ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 助戸阿弥陀堂の関東九本松

助戸阿弥陀堂の関東九本松

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

まつのしゃしん

 

高さ   18.0m
目通り 2.68m
枝張り東西 12.0m、南北 11.9m

クロマツで、阿弥陀を安置した堂宇の傍にあり、昔から関東九本松と言われ、茅葺の阿弥陀堂の境内に9本の大きな松が植えられていました。

阿弥陀如来の九品の印相にちなんで9本あったものと考えらえます。

明治の中頃4本になり、つぎつぎに枯死して現在は1本になってしまいました。

幹は西の方へ反り曲がって伸び、枝は四方に伸びています。

樹齢は約450年位と推定され樹勢は今もなお盛んです。