ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 菅田西根遺跡(すげたにしねいせき)

菅田西根遺跡(すげたにしねいせき)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

すげたにしねいせきのしゃしん

 

昭和56年(1981)・61年(1986)に行われた市立北中学校の校舎等の建築のための発掘調査の結果、縄文・弥生・古墳時代の住居跡や、古墳時代の方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)、水田跡などが見つかりました。

なかでも古墳時代の水田跡は、当時、栃木県内ではじめての発見でした。

現在は北中学校の格技場の下に、その水田跡の原寸大の復元模型が展示してあります。

当地方における古代水稲農耕の遺構として極めて貴重です。

※通常非公開となっております