ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > わきざし 銘 越前住下坂継正(わきざし めい えちぜんじゅうしもさかのつぐまさ)

わきざし 銘 越前住下坂継正(わきざし めい えちぜんじゅうしもさかのつぐまさ)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年5月23日更新

 

つぐまさぜんたいのしゃしん

つぐまさめいぶんのしゃしん

 

刃長:54.2cm
反り:1.4cm
目釘穴:1個
鍛え:板目肌
刃文(はもん):直刃のたれ
江戸時代
指表「越前住下坂継正」
指裏「野州於足利作之」


刀工 下坂継正(しもさかのつぐまさ)は『刀工総覧』によれば、元禄時代の刀工 三代越前康継(やすつぐ)の門人で、江戸に移住後、下野の足利に長期間滞在し、刀や槍を打ったとされます。

この脇差は、『新修成田山史』によれば、「わきざし40.3cm、銘 奉納越前住下坂継正入沢平吉、野州於足利作之 一口」と記載されており、越前鍛冶の鍛法で、鍛え(地金)板目、刃文は直刃のたれ、山となるところは互(ぐ)の目の足が入っています。

また、鍛え目に沸(にえ:刃と地肌の堺目に 浮き出た雲形の模様)がからみ、砂流し(すながし:刃に沿って沸が線状に連なる様)などもあらわれ、継正の作品の中では傑作です。

※通常非公開となっております。