ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

正善寺古墳

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

しょうぜんじこふんのしゃしん  東上空から

 

正善寺境内にある古墳で、全長約103mを測る足利市最大の前方後円墳です。

墳丘の周りには幅約10mの周溝(しゅうこう)がまわり、墳丘の斜面には葺石が葺かれています。

後円部(こうえんぶ)には全長7.5mの横穴式石室(せきしつ)が南側に開口しています。

この古墳は足利市常見町・山川町に広がる大型前方後円墳・円墳からなる首長墓群 常見古墳群の一基で、その中でも6世紀後半につくられた最大の古墳です。