ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 正蓮寺のコウヤマキ

正蓮寺のコウヤマキ

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

コウヤマキのしゃしん

 

高さ      20.0m
目通り    3.15m
枝張り    6.0m

正蓮寺の門をくぐって左側鐘楼(しょうろう)の側に立っています。

幹は直立しすらりと伸びていて、枝は地上15m辺りから四方へ伸び、円錐形にまとまっています。

落雷の為、幹の一部が10m程にわたり木肌があらわになっています。

この木は日本の特産で、紀州の高野山に数多く自生しています。

正蓮寺は古義真言宗で高野山と深い関係があることから、この木は高野山から持ってきて記念に植えたものと思われます。

樹勢は盛んで、コウヤマキとしては当地方では老木で、樹齢は約450年と推定されます。