ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 宋刊本 附釈音春秋左傳註疏(そうかんぼん つけたりしゃくおんしゅんじゅうさでんちゅうそ)

宋刊本 附釈音春秋左傳註疏(そうかんぼん つけたりしゃくおんしゅんじゅうさでんちゅうそ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

そうかんぼんつけたりしゃくおんしゅんじゅうさでんちゅうそのしゃしん

 

寸法 縦 25.0cm、横15.5cm
25冊
中国・南宋代(なんそうだい)

昔の中国にあった魯という国の歴史を記録した本で、儒学の基本とされる五経の一つです。

その後、晋(しん)の国の杜氏が注、唐の孔頴達が疏を書いています。

足利学校を中興した上杉憲実が寄進したものです。

※通常非公開となっております