ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 宋刊本 附釈音毛詩註疏(そうかんぼん つけたりしゃくおんもうしちゅうそ)

宋刊本 附釈音毛詩註疏(そうかんぼん つけたりしゃくおんもうしちゅうそ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

そうかんぼんつけたりしゃくおんもうしちゅうそのしゃしん

 

寸法  縦 26.9cm、横 17.9cm
30冊
中国・南宋代(なんそうだい)

儒学の基本とされる本である五経の一つで、昔の中国の詩301篇が集められた本です。

漢の鄭玄(ていげん)が注、唐の孔穎達(くえいだつ)が疏を書いています。

各冊に「松竹清風」の印があり、また「足利学校公用」「上杉安房守藤原憲実寄進」などの墨書があります。

他の国宝の本と同じように上杉憲実が寄進したものです。

※通常非公開となっております