ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 木造 釈迦三尊像(養源寺)

木造 釈迦三尊像(養源寺)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

しゃかさんぞんぞうのしゃしん

 

・主尊  釈迦如来坐像 像高36.0cm 江戸時代

釈迦如来は、額に二重白毫をつけ、膝の上で定印を結び、蓮華座に座っています。

光背は飛天光(高さ67cm、幅51cm)で頭光身光をしつらえています。

像の底には朱書きの銘「七条大仏師」があり、文殊菩薩像の底にも墨で書かれた同じ銘があります。

・脇侍  文殊菩薩騎獅像 像高31.0cm

主尊の左側にあり、宝冠をかぶり、両手で蓮茎(れんけい)をもち、両足を組んで円光背をつけ、身を低くした獅子にまたがり、口を開け振り向く獅子に菩薩の視線が向けられています。

尊像と光背は金色に施され、獅子は彩色し、体部に斑点模様をほどこしています。

台座の底面には延宝(えんぽう)8年(1681)の墨書銘があります。

 
・脇侍  普賢菩薩騎象像 像高33.0cm
 

主尊の右側にあり、宝冠をかぶり、両手で蓮茎をもち、右足を垂らし、左足を曲げ、円光背をつけ、身をかがめた白い象にのっています。

尊像と光背は金色に彩色され、象は白色に彩られています。

以上の3体ともその姿は優美で、保存状態も良好です。

※通常非公開となっております