ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 木造 釈迦如来坐像(長松寺)(もくぞうしゃかにょらいざぞう ちょうしょうじ)

木造 釈迦如来坐像(長松寺)(もくぞうしゃかにょらいざぞう ちょうしょうじ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

しゃかにょらいざぞうのしゃしん

 

像高 38.0cm
江戸時代
 

両手の手のひらを上に向けてひざの上におき、定印を結び、蓮華座に座っています。

玉眼を入れ、額には白毫が二重になってついています。螺髪(らほつ)という髪の部分以外は金色に塗られています。

光背は飛天光背で、身光(しんこう)の外側に火焔がのぼるごとき模様を表わし、台座は蓮華座の下に華盤(けばん)をはさんで、敷茄子を二重に反花座(かえりばなざ)、框座(かまちざ)と重ねる。

保存状態がとてもよく、また像の底の部分の墨書銘から元禄6年(1693)の入仏点眼供養とあり史料的にも貴重な仏像です。

※通常非公開となっております