ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 銅造 釈迦牟尼仏坐像

銅造 釈迦牟尼仏坐像

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

しゃかむにぶつざぞうのしゃしん

 

寸法  像高100.0cm  
室町時代

天正12年(1584)8月21日佐野天明(てんみょう)の鋳仏師、太田近江守忠定によって作られた金銅仏です。

額に二重の白毫(びゃくごう)をつけ、両手を膝の上において手のひらを上に向け、蓮華座に座っています。

髪型やお顔、衣装のしわの様子から室町時代末期の作風がうかがえます。

なお、頭部は享保9年(1724)藤原秀次によって改鋳されたものです。

光背および蓮弁(れんべん)に刻まれた銘文から、この仏像は小俣城主 渋川義昌並びに義勝が、子孫繁昌と武運長久を祈願して寄進したものであり、金銅物として優品です。

※通常非公開となっております