ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 絹本著色 釈迦八大菩薩像(けんぽんちゃくしょく しゃかはちだいぼさつぞう)

絹本著色 釈迦八大菩薩像(けんぽんちゃくしょく しゃかはちだいぼさつぞう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

しゃかはちだいぼさつぞうのしゃしん
 
寸法  縦  153.5cm
      横    84.0cm
室町時代

画面中央の須弥壇(しゅみだん)上に座っている釈迦如来で、その左右それぞれに四菩薩ずつ絵が描かれています。

文殊・観音・弥勒・薬王(やくおう)・薬上(やくじょう)・得大勢(とくだいせい)・無盡意(むじんい)・宝壇華(ほうだんけ)の諸菩薩それぞれの宝冠、着衣、装身具など、極めて綿密に、巧みに描出し、荘厳の世界を現しています。

※通常非公開となっております