ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 石造 不動明王坐像(満宝寺)(せきぞう ふどうみょうおうざぞう まんぽうじ)

石造 不動明王坐像(満宝寺)(せきぞう ふどうみょうおうざぞう まんぽうじ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

ふどうみょうおうざぞうのしゃしん

 

寸法      総高  112.0cm
             像高    97.0cm
             肩幅    37.0cm
             膝張    61.0cm
花崗岩製
江戸時代

満宝寺(まんぽうじ)本堂の南側にたっています。
磐石座という台に坐する不動明王像で、右手に宝剣をとり、左手に羂索(けんさく)という縄のようなものを持っています。

背面に延宝(えんぽう)5年(1677)に満長寺(まんちょうじ:現満宝寺)の快源が造立したことが刻まれており、由縁と時期を知ることができる貴重な石像です。