ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 石棒(せきぼう)

石棒(せきぼう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

せきぼうのしゃしん

 

全長  157.0cm
縄文時代中期

緑泥片岩(りょくでいへんがん)という石でできていて、長い棒のような形をし、その両端は丸くなっています。

全体がよく磨かれていて、中央の部分が太くなり、端にむかってだんだん細くなっていきます。

石棒(せきぼう)は縄文時代の子孫繁栄を祈る信仰用具と考えられています。

中の目遺跡から出土したものとみられますが、県内にこれほど大きな石棒は見当たらず貴重な物です。