ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 示現神社 左・右大臣像(じげんじんじゃ さ・うだいじんぞう)

示現神社 左・右大臣像(じげんじんじゃ さ・うだいじんぞう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

うだいじんぞうのしゃしん  右大臣像

さだいじんぞうのしゃしん  左大臣像

 

 

左大臣像 像高85.0cm
右大臣像 像高87.0cm
江戸時代

示現神社拝殿内の左右にあります。

木造でともに闕腋袍(けってきのほう:前身と後身が分かれている上衣)をつけ、冠をかぶり、矢を背おって台上に腰をかけています。

それぞれ彩色をほどこし左大臣は赤、右大臣は青で彩色を施してあります。

左大臣像の台には願主13名の氏名が、右大臣像の台には9名の氏名が記されており、さらに世話人名と「文政十三庚寅歳 三月吉日 慶應元乙丑年九月再彩色」の朱書銘があります。

神に侍する左・右大臣像は必ずしも珍しくはありませんが、保存状態が良く、願主名や文政13年(1380)の奉納時が知られ、史料的にも貴重です。

※通常非公開となっております