ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 指樽(さしたる)

指樽(さしたる)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月12日更新

指樽

木製  横幅44 高さ32 厚み13   戦国~桃山時代

 上面の両端に金具がつき、中央より少し偏して細い棒状の栓を口に付ける。全体が黒塗、赤色で縁取りをする。

ほゞ原形を存す。田部田氏の祖先(小俣渋川氏の家臣・田部田内匠之助)が戦国~桃山時代に酒注器として用いたもの

とみられる。