ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 絹本墨画淡彩 三白図(田崎草雲筆)(けんぽんぼくがたんさい さんぱくず たざきそううんひつ)

絹本墨画淡彩 三白図(田崎草雲筆)(けんぽんぼくがたんさい さんぱくず たざきそううんひつ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

さんぱくずのしゃしん
 

寸法    縦 113.7cm
       横     42.2cm
明治時代

三白(さんぱく)と言うのは、白鷹、白梅、白雪を描いていることに由来します。

雪は、梅の老樹にどっぷりとつもっています。

横に伸びた樹枝に、一羽の鷹が左足をあげ体を前こごみにして、寒さに打ちひしがれたような風情で止まっています。

しかし、そこには猛鳥が獲物を探して眼を鋭く輝かしています。

画家は雪を被った枯草の中に蘭の紅を点出して、画面を陰惨から救っています。

慶応2年(1866)に描かれました。

※通常非公開となっております