ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 山門附仁王像(さんもんつけたりにおうぞう)

山門附仁王像(さんもんつけたりにおうぞう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

さんもんのしゃしん

 

山門   高さ750.0cm   間口637.0cm   奥行400.0cm
仁王像 高さ202.0cm
江戸時代

松田の谷を東に臨む山の中腹に善光寺があります。入口の山門は棟木札に安永(あんえい)6年(1777)に改修されたことが書かれています。

楼門にかかっている額は、この寺を開山した密山和尚の筆によるものであることから、18世紀のはじめ頃の建立と推定されています。

門の左右には阿形(あぎょう)・吽形(うんぎょう)の金剛力士像が安置されています。山門と共に町内に残る唯一のものです。