ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 絹本墨画 竜図(田崎草雲筆)(けんぽんぼくが りゅうず たざきそううんひつ)

絹本墨画 竜図(田崎草雲筆)(けんぽんぼくが りゅうず たざきそううんひつ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

りゅうずのしゃしん
 

寸法 縦約 149.4cm
           横 64.5cm
明治時代

田崎草雲(そううん)によって描かれた墨画です。

雪を起こして昇天する竜で、画面上方の中央に、天を睨んだ竜の頭と体の一部を描いて、他は白雲の中に埋めています。

下方に尾と足とをざっと見せしめて、天を駆ける竜の大きさが、見る人の想像にゆだねています。

眼光と角と爪の鋭さ、ひげの強さ、風をはらむ墨雲の流動、龍の要点は余すところなく表現されています。

画面下方の全空間を支配する一本の足の様な見事な表現力となっています。

※通常非公開となっております