ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

龍泉寺のカヤ

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

りゅうせんじのかやのしゃしん

 

高さ         25.0m
目通り  810.0cm
枝張り     16.0m

龍泉寺山門の右側にあります。

稀に見る大木ですが、明治時代にこの木の近くにあったお堂が火災に遭い、この木の片側半分は焼けて枯死してしまいました。

現在も幹に焼け跡が残り、幹の大部分が欠損して内部は空洞になっている所がたくさんあります。

樹齢は不明ですが、この土地の古老の話などから、800年位前と考えられます。

この木は雌の木で以前は良く実をつけましたが、現在では1年おきになったといわれます。