ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 紙本墨書 魯論抄(しほんぼくしょ ろろんしょう)

紙本墨書 魯論抄(しほんぼくしょ ろろんしょう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

ろろんしょうのしゃしん

 

5冊
室町時代

この書は5冊が1巻となっています。

表題は論語志記となっています。また足利時構録ともいい、儒教の聖典とされる論語の本文を仮名交じり文の口語体で日本語に訳された、いわゆる「かな抄」の一種です。

足利学校第7世庠主の九華が大変苦労して訳したものです。

※通常非公開となっております