ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 太刀銘 力王附黒漆太刀拵(たちめい りきおう つけたりくろうるしたちこしらえ)

太刀銘 力王附黒漆太刀拵(たちめい りきおう つけたりくろうるしたちこしらえ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

りきおうつけたりくろうるしたちこしらえのしゃしん

 

長さ 90.6cm、反り 4.43cm、身幅 3.8cm
鎌倉時代末~南北朝時代

 

この太刀には「力王」という銘が小さく草書体で刻まれています。

拵(こしらえ:外装)は金具まで黒漆をかけてあり、簡素なつくりの中にも力強さが感じられます。

寺伝によれば、後嵯峨天皇(ごさがてんのう)皇子が誕生した時に祈祷を仰せつかり、その時に奉納されたものと言われています。

※通常非公開となっております