ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 大岩毘沙門天山門

大岩毘沙門天山門

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

さんもんのしゃしん

 

間口3間、奥行2間
江戸時代

毘沙門堂にいたる石段の下にこの山門はあり、両側には金剛力士像が立っています。

この山門は元禄6年(1693)の改築とされ、木造で、屋根の形式は入母屋・桟瓦葺です。

礎石は2段重ねになっていて、上段には御影石が使われています。

近世山門の特徴を良く残した、貴重な存在です。