ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 大岩毘沙門天石段

大岩毘沙門天石段

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

いしだんのしゃしん

 

石段40段
江戸時代

この石段は大岩の山門から毘沙門天本堂にいたる参道になっています。

急斜面に花崗岩を四角く切り出した石を並べて造られています。

切石を両側の石の間に階段状に横積みしたもので、一段の高さ17~19cmを測ります。

最下段の立石の銘から、宝永(ほうえい)元年(1704)に、3人の寄進者によってつくられたことがわかります。

この石段はもとの姿をよく残し、銘の入っている石段として貴重です。