ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 絹本著色 大橋淡雅夫人民子像(けんぽんちゃくしょく おおはしたんがふじんたみこぞう)

絹本著色 大橋淡雅夫人民子像(けんぽんちゃくしょく おおはしたんがふじんたみこぞう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

おおはしたんがふじんたみこぞうのしゃしん
 
江戸時代

宇都宮の古着・質商(しちしょう)、佐野屋好古の娘、民子の肖像画です。

民子は遠縁にあたる粟宮の大橋家から淡雅(たんが)を婿に迎え、江戸日本橋に呉服問屋を出店し、江戸屈指の豪商となりました。

文人(ぶんじん)趣味の淡雅は、渡辺崋山・高久靄崖(たかくあいがい)・椿椿山(つばきちんざん)ら当代一流の人々と深く交流し、そんな中で肖像画の名手・椿山の民子像が生まれました。

この絵は栃木県指定文化財の中でも至宝の一作です。

※通常非公開となっております