ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 日光例幣使(街)道道標

日光例幣使(街)道道標

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

どうひょうのしゃしん

 

【左】 材質               安山岩
       法量と形状    高さ   90.0cm
                  幅      36.0cm
                 奥行  38.0cmの四角柱

   江戸時代 元文(げんぶん)5年(1740)

 
上部1.5cmは各面とも内側に傾斜面を持っています。

また、上面中央に浅いホゾ穴の跡が残っており、造立時には上段に別の造塔物(ぞうとうぶつ)があったと考えられます。

正面に「佐野道」、右側面に「足利道」、左側面に「太田道」、裏面に「元文五年庚申十一月二十四日下野国足利郡寺岡村宿」と刻まれています。

正面と両側面の字は行書で太く書かれています。

この道標(どうひょう)は市内に残るもので一番大きく立派なものです。

【右】 材質               安山岩
       法量と形状     

       塔身                 高さ  42.0cm
                               幅      30.5cm、
                               奥行  30.5cmの四角柱で下に逆台形
       台座               逆台形で上面は方41.5cm、下面は方39cm、高さ8.0cm以上

   江戸時代 寛政(かんせい)3年(1791)

正面に「道祖神・日光道・佐野道」、右側面に「善光寺道・太田道・足利道」、左側面に「江戸道・館林道」「寛政三辛亥年 月吉祥日」「願主 山本兵蔵」との文字が楷書で刻まれています。

台座 それぞれ各面に「東」「西」「南」「北」の銘記が陰刻されています。

どちらの道標とも日光例幣使街道の歴史を伝える貴重な資料です。