ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 絹本著色 涅槃図(けんぽんちゃくしょく ねはんず)

絹本著色 涅槃図(けんぽんちゃくしょく ねはんず)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

ねはんずのしゃしん

 

寸法    縦   177.5cm
           横   125.0cm
室町時代

涅槃図で、画面中央には宝台上に横たわる釈尊を大きく描き、四方に双樹を配置し、中央の双樹の間から立ち上がる煙を描いています。

枕頭には、八部衆、十大弟子などを、更に獅子とその周囲に諸々の動物の悲嘆する表情、左上方には忇利夫より急ぎ下りてくる摩耶夫人、勝音天などを描いています。

構図が整い、双樹の葉の色を左右塗り分けるなど深みもあります。

釈尊入滅の寂然とした情景をよく描写した涅槃図の優れた作品です。

※通常非公開となっております