ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 南宝寺の宝塔(なんぽうじのほうとう)

南宝寺の宝塔(なんぽうじのほうとう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

なんぽうじのほうとうのしゃしん

 

総高 225.0cm、塔身の高さ 41.0cm
江戸時代

南宝寺(なんぽうじ)境内の参道東側に建っています。

2段の基礎の上の台座は贔屓(ひいき)という巨大な亀に似た霊獣の形をしており、亀趺(きふ)とも呼ばれます。

塔身(とうしん)の正面には、光明破地獄曼荼羅、東面と南面には経文、西面に造立の経緯などが刻まれており、寛延(ひろのぶ)3年(1750)、秀海(しゅうかい)住職の代に、退隠した前住職長宥(ちょうゆう)が願主となり造立されたことがわかります。

また、基壇には「壹(台)座施主足松岩下利兵衛」の文字があります。

最上部の相輪は、宝珠が落下し、九輪の一部しか残っていませんが、全体的に原型を良く留めており、塔身の光明破地獄曼荼羅や、笠にあらわす蓮台、亀趺の台座など、他の宝塔には見られない特徴をもつことからも貴重なものです。

当地に遺る数少ない光明真言塔の中でも、立派なものであり、その銘文から造塔の由来や、当時の人々の信仰の状態を知ることも出来る貴重な資料です。