ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 中日向古墳群(なかひなたこふんぐん)

中日向古墳群(なかひなたこふんぐん)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

なかひなたこふんぐんのしゃしん

 

瑞穂野町の赤城神社周辺に前方後円墳2基、円墳3基が点在しており、瑞穂野町から高松町にかけて広がる台地上の約15基の古墳群の一部です。

前方後円墳の1基は墳丘全長50m~60mと推定され、もう1基は墳丘全長35mを測ります。

2基の前方後円墳は群集墳の主墳ですが、大きいほうは前方部が既に壊されており、平らにされた後円部(こうえんぶ)墳頂に赤城神社が建てられています。

時期は古墳時代後期(6世紀~7世紀)の古墳とみられ、古墳群の在り方を示すものとして貴重です。