ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 名草の巨石群(なぐさのきょせきぐん)

名草の巨石群(なぐさのきょせきぐん)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

なぐさのきょせきぐんのしゃしん

厳島神社の境内の奥、弁天沢の中にあります。

巨石群は全国的にも珍しく、花崗岩特有の「玉ねぎ風化」といわれる風化現象を示す貴重なものです。

名草(なぐさ)の弁天さまの社伝前には、胎内くぐりで知られる高さ11mあまり、周囲30m以上もあるお供え石、弁慶の手割り石など、多くの巨岩、奇岩がみられます。

巨石の下にはきれいな岩清水が流れ、絶好の癒しの場所です。