ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 明神山古墳群(みょうじんやまこふんぐん)

明神山古墳群(みょうじんやまこふんぐん)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

みょうじんやまこふんぐんのしゃしん

 

標高62m(比高26m)の明神山の北斜面を除く、丘陵斜面と南麓に群集する古墳群です。

現存の古墳は円墳で径10~20m、高さ3m前後の規模で、横穴式石室(せきしつ)を埋葬施設としています。

また、墳丘には葺石、埴輪、須恵器等が並べられています。

なくなってしまった古墳を含めると、当古墳群には前方後円墳1基、円墳33基以上があったと思われます。

主に古墳時代後期に築造された古墳群で、独立小丘陵に群集している古墳として貴重です。