ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 紋織物(南無大師遍照金剛の軸)(もんおりもの なむだいしへんしょうこんごうのじく)

紋織物(南無大師遍照金剛の軸)(もんおりもの なむだいしへんしょうこんごうのじく)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

もんおりもののしゃしん

 

寸法  縦 152cm
     横  35cm
江戸時代

紺地に「南無大師遍照金剛」の文字を金糸で浮織にしたものです。

表装にも模様紋織の布地が使われています。

江戸時代後期、粟谷村(あわのやむら)に住んでいた金井繁之丞(かないしげのじょう)によって織られたもので、正蓮寺に奉納されました。

金井繁之丞は、京都・西陣から伝わった紋織の技術を独自に改良し、花鳥・風景・人物などを織り出す「模様紋織」の技術を考案しました。

これにより「足利紋織の祖」と呼ばれています。

没後、「機神」(はたがみ)として粟谷神社に祀られ、今でも繁之丞の墓石が残されています。

※通常非公開となっております。