ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 紋織物(山藤の錦)(もんおりもの さんどうのにしき)

紋織物(山藤の錦)(もんおりもの さんどうのにしき)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

さんどうのにしきのしゃしん

 

江戸時代

小俣村に住んでいた山藤政八(さんどうせいはち)という人が、文化5年(1808)から天保6年(1835)にかけて、京都の西陣の技術を導入して製作した金襴(きんらん:金切箔や金糸などで模様を織り出した織物)です。

7つの袈裟に仕たてられ、鶏足寺(けいそくじ)に寄進された歴史的価値の高いものです。

※通常非公開となっております。