ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 紋織物(弥陀の紋織)(もんおりもの みだのもんおり)

紋織物(弥陀の紋織)(もんおりもの みだのもんおり)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

みだのもんおりのしゃしん

 

江戸時代

通称、弥陀(みだ)の紋織と言われていますが、紺地に金色の糸を使って阿弥陀像を浮き彫りしたもので、金井繁之丞(かないしげのじょう)によって製織されたものです。

これらは単に紋織といわれる以上の美術工芸品であり、当時の西陣織に作者の工夫が加えられたものとなっています。

※通常非公開となっております。