ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 木造 金剛力士立像(龍泉寺)(もくぞう こんごうりきしりゅうぞう りゅうせんじ)

木造 金剛力士立像(龍泉寺)(もくぞう こんごうりきしりゅうぞう りゅうせんじ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

あぎょうのしゃしん  阿形の写真

うんぎょうのしゃしん  吽形の写真

 

阿形(あぎょう)像  像高 240.0cm
吽形(うんぎょう)像  像高 240.0cm
江戸時代

仁王門は、山腹に東面する観音堂に至る石段の最下部にあり、その向って右側に阿形像、左側に吽形像が納置され、保存状態は良好です。

ともに上半身裸形で、玉眼(ぎょくがん)挿入、赤色塗彩で黒塗の台上に立っています。

阿形像は開口し、左手に金剛杵(こんごうしょ)をとり、吽形像は閉口し右手を開いています。

両像についての銘記は明らかでありませんが、仁王門が天保5年(1834)の作であることから、同時期のものと思われます。