ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 木造 釈迦如来坐像(福厳寺)(もくぞう しゃかにょらいざぞう ふくごんじ)

木造 釈迦如来坐像(福厳寺)(もくぞう しゃかにょらいざぞう ふくごんじ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

しゃかにょらいざぞうのしゃしん

像高 52.5cm
江戸時代

福厳寺(ふくごんじ)の本尊で、本堂中央の須弥壇上(しゅみだんじょう)に坐しています。

本体は檜材で寄木造り(よせぎづくり)、表面は黒漆塗りで、目には玉眼(ぎょくがん)が入れられています。

禅宗寺院に多い、禅定印(ぜんじょういん:腹前で右を下に両手を重ねる印)を結んでいます。

南北朝時代に臨済宗寺院の本尊として流行した院派(いんぱ)仏師の作によるものと推定されます。

体の形や衣文(えもん)の彫り方から、製作年代は15世紀頃と考えられ、中世の形式を残す仏像として貴重です。

※通常非公開となっております