ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 木印 印文「禪」(もくいん いんもん ぜん)

木印 印文「禪」(もくいん いんもん ぜん)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

もくいんのしゃしん

 

高さ  5.0cm
室町時代

長林寺(ちょうりんじ)開山 大見禅龍禅師所用の印です。

印面直径わずか3.2cmの木製で印台は円形で縦に梯(はしご)型の紐をつくっています。

印面の中央には「禪」の一字、その周囲には一尾の龍が陽彫(ようちょう)されています。

中世において禅僧が所持・使用していた印で格調高く、これを用いた禅宗の厳格さが伺える貴重な資料です。

※通常非公開となっております。