ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 南大町宮比講神楽(みなみおおまちみやびこうかぐら)

南大町宮比講神楽(みなみおおまちみやびこうかぐら)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

かぐらのしゃしん

 

宮比講神楽(みやびこうかぐら)とは江戸の神田にあった宮比神社の講(信者の集まり)で上映されていた神楽で、文政年間に栃木南部に伝えられました。

本神楽は佐野の宮比講神楽師の指導を受け、太田市高山神社に所属して各地の祭礼に奉納しています。

舞の種類は11種類で、他に弥次喜多道中の余興なども行っています。

現在は南大町神明宮のほか、下野國一社八幡宮や八坂神社(島田町)などでも舞われています。