ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 金蔵院の梵鐘(こんぞういんのぼんしょう)

金蔵院の梵鐘(こんぞういんのぼんしょう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

こんぞういんのぼんしょうのしゃしん

 

総高  121.0cm
江戸時代

この鐘の鐘身(しょうしん)は膨らみを持ち、形も良く、駒の爪は肥大しています。

各間に蓮華座上の金剛界五仏の種子、池の間の五輪塔四方五大の種子や偈(げ)、年紀(ねんき)、作者名等、銘帯に寄進者名等を陽鋳、そして陰刻をしています。

享保10年(1725)に佐野の天明鋳物(てんみょういもの)職人、太田甚左衛門尉によって造られたとの銘が入っています。

そのほか、種字やこの鐘を寄付した人の名前などが彫られていて、江戸時代のすぐれた梵鐘として貴重で、今も鐘楼にかかっています。