ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 渾天儀(こんてんぎ)

渾天儀(こんてんぎ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

こんてんぎのしゃしん

 

寸法   周囲球   93.3cm
     外輪    112.8cm
     重量総体   750g
江戸時代

球の表面に緯線、経線を黄色、赤道を赤色、星座を墨で描いています。

中国よりの伝来品で、星座を細密にあらわし、星座の名前は古代中国の名前で書かれています。

江戸時代中期足利学校に寄進されたものですが、足利学校で教授されていた四書五経のうち、易(占ない)の研究は最も特色あるもので、占星術は易経・易学の別伝として尊重されていました。

木製十字形臺にて支えられ4つの木製輪により、中の球を自由廻転できる様、工夫してあることは、現在の渾天儀と変わらないものです。

※通常非公開となっております。