ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 木造 金剛力士立像(最勝寺)(もくぞう こんごうりきしりゅうぞう さいしょうじ)

木造 金剛力士立像(最勝寺)(もくぞう こんごうりきしりゅうぞう さいしょうじ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

あぎょうのしゃしん  阿形の写真

うんぎょうのしゃしん  吽形の写真

 

阿形(あぎょう)像  像高280.0cm
吽形(うんぎょう)像  像高285.0cm

毘沙門堂下の山門の両側に立っています。

共に上半身裸の姿で、眼には水晶の玉を入れ、岩の上に立っています。

金剛力士は仁王様ともいい、仏法の守護をつとめとしている神様です。

向って右側が阿行像で、開口し左手に金剛杵をもっており、左手の吽形像は閉口し、右手を開いています。

ともに総高340cmの立像で、いかめしい顔つき、たくましい体つきで非常に迫力があります。

銘は不明で、部分的に欠けている部分もありますが、中世の作風が見られ、全体的に優美で荘厳な雰囲気が感じられる優品です。