ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 吉祥寺の半鐘(きちじょうじのはんしょう)

吉祥寺の半鐘(きちじょうじのはんしょう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

はんしょうのしゃしん

 

高さ  70.0cm、口径37.0cm
江戸時代

本堂隅の軒下に掛けられている銅製の半鐘です。

乳(にゅう)は4段4列、駒の爪は厚くなっています。

池の間の紀年銘から、元文(げんぶん)5年(1740)に造られたもので、これをつくった人の名前、場所がわかる紀銘も彫られていて、史料的にとても貴重なものです。