ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 鶏足寺のサルスベリ(けいそくじのさるすべり)

鶏足寺のサルスベリ(けいそくじのさるすべり)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

サルスベリの写真

 

高さ 約20.0m
鶏足寺(けいそくじ)境内の南側に4本まとまって立っています。

幹の周りの太さに多少の違いはありますが、その並び方から同じ時期に植えられたものと考えられます。

お寺の記録には残っていませんが樹齢は200~300年位と思われます。

サルスベリは別名が百日紅(ひゃくじつこう)といわれているように開花時期が長く、およそ3カ月花を咲かせます。

高さはいずれも約8mで、花は紅色で7月~9月下旬ないし10月初旬まで咲いています。

市内では神社や公園でよく見かけますが、これほど太いものがまとまってあるのは非常に珍しいことです。

※気候によって見頃は変動します