ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

春日神社本殿

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

ほんでんのしゃしん

 

一間社流造、杮葺(こけらぶき)
江戸時代

斗栱をはじめ随所に江戸時代初期の様式があらわれていますが、向拝の象頭の彫刻には桃山時代の様式の名残をとどめています。

扉には鹿と紅葉の奈良をしのばせる絵画を装飾に用いており、創建当初の華麗な雰囲気を今に伝えています。

棟札(むなふだ)がない為建てられた年代は不明ですが、修理記録などから江戸時代初期に建立されたと推定されます。

※通常非公開となっております。