ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

唐織十二天袈裟

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

からおりじゅうにてんげさ

 

寸法      縦 126.0cm
             横 202.5cm
安土桃山時代

長方形の布地に刺繍を施した縦の裂を縫い付けたものです。

この袈裟は、もとは朝鮮の金剛山長安寺のものでしたが、天正2年(1574)、石州 益田右衛門佐が紀州高野山の正智院に寄付し、後にまた鑁阿寺(ばんなじ)へ寄付されたといわれています。

王室をたたえ、仏法を敬う意味の詩と梵字が刺繍されています。

当時の繊維工芸品としても大変貴重なものです。

※通常非公開となっております。