ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 観音寺の石塔(無逢塔形)(かんのんじのせきとう むほうとうけい)

観音寺の石塔(無逢塔形)(かんのんじのせきとう むほうとうけい)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

かんのんじのせきとう

 

総高  197.0cm  塔身(とうしん)の高さ 92.0cm  最大幅 58.0cm
反花(かえりばな):高さ 20.0cm、径 77.0cm  敷茄子:高さ 32.0cm、径 55.0cm
蓮座:高さ 42.0cm、径 80cm
江戸時代

反花、敷茄子、蓮座を積重ねその上に無縫塔を立てています。反花は単弁模様を、敷茄子には銘記を陰刻し、蓮座は蓮弁を刻出しています。

塔身の正面の上のほうに、「ア」という仏様を意味する種字(しゅじ)が刻まれています。

敷茄子に刻まれている字からは、明暦(めいれき)2年(1656)にこの塔が造られたことがわかります。

形がめずらしく、とても大きくて保存状態もよいことから貴重です。