ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 紙本墨画 仮名法華経(しほんぼくが かなほけきょう)

紙本墨画 仮名法華経(しほんぼくが かなほけきょう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

かなほけきょうのしゃしん

 

寸法  縦 28.3cm、横 1,724.2cm
8巻
鎌倉時代

これは法華経というお経をひらがな交じりで書き写した鎌倉時代の書物です。

全部で8巻からなり木箱に納められています。

第1巻の終わりには元徳(げんとく)2年(1330)6月14日の日付が入っており、「妙法蓮華経序品第一」の内題に始まり、ひらがな交じりで書写され、これに朱点をつけ、朱墨の板合いを加えています。

この種の文化財は数が少なく、大変貴重なものです。

※通常非公開となっております